Return to site

NYの画廊で見つけた16世紀ネーデルラントの至宝

アルチンボルドGiuseppe Arcimboldo

· 美術館,ニューヨーク

先日は友人と一緒にスリープ・ノー・モア "Sleep No More" というショーに行く事になりました。約束の夕食前に時間があったので、主人といっしょに画廊巡り。ミートパッキング地区には多くの画廊が集まり、気軽に美術を鑑賞する事が出来ます。

その一角にサザビーズが経営する画廊があります。
天井を這うアリのオブジェに誘われて中に入ってみました。そこで遭遇した素晴らしい作品をご紹介したいと思います。

中に入ると2つのスペースに分かれていて、一方は近代美術の作品が。自然をテーマにした作品が主に展示されていました。

もう一方の暗いスペースへ入ると、こちらも自然をテーマにした作品がぼちぼちと。

暗い部屋。見逃してしまうほど高い位置にかかっている2点の絵。その下には

花輪の作品と小さな絵が両サイドに2つかかっているのですが、ランプのさしている光はその3点に集中し、その為、上の2作品は暗くさらに見づらくなっています。
実はその2点の絵画こそ、アルチンボルドの作品だったのです。
絵画は果物や野菜を組み合わせた珍奇な肖像画スタイルだったのですぐにアルチンボルドと分かりましたが、(アートを販売する)画廊に彼の作品があるとは夢にも思いませんでした。

価格リストを見せてもらいましたが、アルチンボルドの作品には値段がついていませんでした。レセプションの人に尋ねたところ、”こちらの電話番号までご連絡ください。”との事でした。

(下)アルチンボルドの作品が見えるように、部屋を明るく編集した画像です。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly