Return to site

NYのクリスマスマーケット(1/2)

ブライヤントパーク恒例のWinter Village

· ニューヨーク

今年もニューヨーク、ブライヤントパークで開催中の「クリスマスマーケット」に行ってきました。平日の午前中ということもあり、人手が少なくゆっくり見て回る事ができました。

ブライヤントパークの中心部分にあるスケートリンクを囲むように、雑貨店や屋台が軒を並べていました。

並木が美しいブライヤントパークにはメリーゴーランドや卓球台もあり、ニューヨーカーの憩いの場となっています。

朝の10時半ころ。まだ開いていないお店もありました。

ブライヤントパークのクリスマスツリー。

EBB & FLOW NYC は自然素材のキャンドルやルームセントを売るブルックリンの店。友人の誕生日祝いに右手のディフューザーを購入しました。

Min & Mon - New York

ミン&モンはニューヨーク生まれのレザー雑貨店。デザインはNY、生産はコロンビアで手作りされているそうです。丁寧に作られたレザーのクラッチ兼ポシェットにタコのデザインや「目」がついていて、楽しいデザインがいっぱい!

ハンドル部分を平にする事ができるので、クラッチとしても、そして一緒についてくる紐をくっつければ、ポシェットとしても使用できる一品二役の優れものです。

英ブランド、アニヤ ハインドバーチを連想する「目」のデザイン。個人的な意見になりますが、私はハンドメイドの温かみがあって、デザイン性の高いこちらの「目」の方が好きです。こちらの白のクラッチバッグ、今も悩んでいます。欲しい〜〜!

(下)シルクのIKAT生地を使用して作ったTOTOバッグ。価格は185ドル。

最初は「買いたい!」と思ったのですが、両サイドの生地を柄物にしないで、コントラストのある無地の色だったらよかったのに。なんて考えてしまって、結局購入しませんでした。

(下)こちらは靴下の店。様々な犬種のデザインがプリントされた靴下が売られていました。唯一見つけられないデザインは「雑種犬」だけで、他はすべてあるそうです。

(下)かわいいベビー服の店。アメリカらしくカラフルでキュートなデザインばかり。私の息子達がまだ小さかったらよかったのに。

(下)日本の実家にいるココちゃん(フレンチブルドック)にクリスマスプレゼントを送ろうかと、のぞいたペット用品の店。あのゴールドの防寒具暖かそう!でも日本で着たら派手過ぎですよね。

(下)こちらもペット関係の雑貨店。ニューヨークの街を背景にした犬やネコのイラストが沢山。子供が喜びそうなバッグやポーチなども売っていました。

今では全く想像できませんが、ニューヨークの1980年代のサブウェイ(地下鉄)は犯罪が多くて地下鉄を利用するのが怖かった時代。毎週250件以上の事件が発生して、世界で一番危ない地下鉄と言われていたそうです。その頃の地下鉄はどこもかしこもグラッフィティ(落書き)だらけでした。そんな時代の写真を商品にしたお店がNYC SUBWAY 1980sです。

北欧スウェーデンのデザインがプリントされたウォッシュタオル。薄手のスポンジのような素材で、繰り返し使えるそうです。ちょっとしたギフトにいいですね。

男性用のプレゼントっていろいろ悩みますよね。寄せ木細工のカフリンクってお洒落かもしれません。

(下)マカロンの店。通りすがりのフランス人観光客が「あッ!マカロンだ!」と言って、写真を撮っている私のすぐ隣にやってきました。WOOPSは最近モールなどでよく見かけるようになりました。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly