Return to site

ニューヨークに来たら絶対行きたいファッションブランド。-婦人服編-

· ニューヨーク

手作りジュエリー作家のたか子です。寒い季節になるとテキスタイルを使ったジュエリー。暖かな季節になるとターコイズ。というように季節によって、私のジュエリーも変化します。今週、作った作品は冬用のファーブレスレット。最近購入したCOSのシンプルドレスと一緒につけたい一品です。こちらがエイシャNYのサイトです。

フェイクファーのブレスレット(エイシャNY)

ところで今回のブログでは、私がおすすめするNYのアパレルブランドをご紹介します。NYを訪れたら、観光地巡りにショッピング。でもどこに行けばいいのか分からない。という方におススメです。

ここで紹介するのは
1. 価格がお手頃。

2. 日本にないショップ。

Anthropologie

アンソロポロジーはアメリカ人なら誰でも知っている、最近爆発的に人気のあるお店です。ヒッピーなファッションからボヘミアンチック、そしてエレガントな服まで個性的な服がたくさん見つかります。服の入れ替わりも早いので、常に新しい服が入ってきます。値段も手頃で、ワンピースだと¥12000〜¥20000位で手に入ります。店にはセール商品を集めた場所も必ずあるので忘れずにチェックしてみてください。

ただもう一つ言える事は、衣類の質はあまり良くないということです。裏地が付いていなかったり、裁断がやや雑であったりします。

アンソロポロジーの服を買う客のほとんどは服を平均2回程しか着ないのだとか。そうだとするとファッション性を優先しているからなのかもしれません。実際、アンソロポロジーで購入した私の服も、1シーズン着たら古びてくるので衣替えの時に寄付してしまいます。

ナネット レポーレはニューヨークのデザイナーです。

アンソロポロジーと比べると値段は高めで高級感があるブランドです。ワンピースで¥30000〜¥50000程。私のお気に入りのブランドでNYに行くとしばしば足を運びます。

彼女の服は試着した方が服が素敵に見える点だと思います。裁断が綺麗なので、試着してみて、“あっ素敵!”と思う事がしばしばあります。

サイズも小さめなので、小柄で細い方でも自分にあったサイズが見つかると思います。仕立てもしっかりしています。特別な日の為の服探しをするなら、ここがおススメです。

COS

2007年にH&Mグループからでた新ブランド、コス。渋谷と青山にすでに店が出ているのですが、東京にしか店舗がないのでご紹介することにしました。グランドセントラル駅/ブライヤントパークからすぐ近くなので、ミッドタウンに行くときには立ちよる店です。

色合いがシンプルで裁断がモダンであるこのブランドは、日本人体型の私にも合いやすい。柄の入った服はほとんどありませんが、服の形がモダンなので試着した時のシルエットが大変素敵です。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly