Return to site

洋書レビュー:アメリカのベストセラー

ノンフィクション:アメリカでベストセラーとなっている本の紹介です。

· 生活

アメリカのベストセラー本や私個人の推薦本など、少しづつではありますがご紹介したいと思います。そもそも、本についてのブログを書こうと思ったきっかけは、

1)日本では和訳されていないために手に入らない本が山ほどあり、日本人に読まれることのない本がある。(英語での書籍数は約1億3千万冊とも言われています。ちなみに日本語で書かれた書籍数は約7万7千冊とか。)

2)アメリカでベストセラーの書籍であっても日本語に訳されていなかったり、日本ではあまり知られていないことがある。

3)私自身、英語で本を読むことが苦手なので、それを克服するため。

日本語に訳されて出版されている本に関しては、皆さんにもぜひ読んでいただきたいので、細かい内容には触れず、簡単に私個人の感想のみ書きたいと思います。

そして、日本語に訳されていない本については要約して本の内容をご紹介したいと思います。

The Life of Jesus (Neil Morris) イエスの生涯 

今日は美術鑑賞を楽しくする絵本の紹介です。

私は色々な美術の中でも特に中世絵画が好きです。中世絵画はキリスト教を題材にした絵画が中心です。だからと言って私はキリスト教でもありませんし、中世美術や中世の歴史の知識もありません。中世美術に興味を持ったきっかけは実は私の姉にあります。

中世美術史を学んだ姉と美術館を訪れるたび 中世絵画をみては色々なことを話してくれました。姉との楽しかった思い出が私の興味をさらに強めたのだと思います。

 

この本は私が一番気に入っている美術本の一つです。子供が幼かった頃、この本を一緒に読んでは美術館で宝探しのように中世絵画を楽しく鑑賞したのを覚えています。簡単で分かりやすい、初心者には最高のイントロダクション本だと思います。

Magic Eye マジックアイ

最近目が疲れやすく、ジュエリーの作業を2〜3時間しただけでも目が疲れてしまうんです。

そんな日はコンタクトレンズの違和感、ドライアイ、そして目がかすみ、翌日の朝コンタクトレンズを入れてもその症状が続きます。

目が使えないと仕事ができない!不安になった私は色々な事を試しました。夜は早く寝たり、目に良いとされるビタミン剤やブルーベリーを食べたり、ツボマッサージをしたりもしました。

そして結果的に辿りついたのが、これ。マジックアイという本。日本では視力がよくなると言われて売られています。

もともと視力が弱くなってきている息子にみせるために買ったのですが、疲れ目にも効くかなあと試しに使ったのがきっかけです。

以来、この本はいつもベッドの横に置いてあって毎晩寝る前に5〜10分見ています。

この本のおかげでジュエリー制作が毎日できるようになりました!

目の疲労でお悩みの方、ぜひ試して見てください。

この本は私にとってLife Saverです!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly